楽天モバイルのテザリングで節約!格安SIMのデータ残量を実質増やす方法

楽天モバイルとUQモバイル

スマホの通信費を見直したい時にすぐ効果があらわれるのが格安SIMの利用。月額利用料が安いというメリットがありますが、月間データ容量が少なくて月末までに使い果たしてしまうことが多いです。

例えば、高画質の動画や画像サイト、SNS、電子書籍などのダウンロードは容量が大きく、あっという間になくなってしまいます。

そんな時は、先着300万名(4月7日まで受付)まで1年間無料の楽天モバイルで「テザリング」を併用してみましょう。楽天回線が入らないパートナーエリアにお住まいでも、使える月間データ容量が実質的に増やせます

もし、楽天回線エリアにお住まいであれば1日10GBまではデータ高速モードで使い放題。使い方によっては光回線が不要となり、ネット通信費を大幅に削減できるメリットも。

シゲアキ

団地で光回線やケーブルネット回線を契約できない時にもすごくおすすめです。

ここでは、楽天モバイルのテザリングで通信費を節約する方法をご説明します。

タップできる目次

楽天モバイルのテザリングで通信費を節約しよう

楽天モバイル 1年無料
出典:楽天モバイル 税込3,278円

テレビCMでおなじみの楽天モバイルは「先着300万名まで1年無料キャンペーン」を開催しています。

まもなく300万名に到達するため、4月7日までの受付になると発表がありました。

通常プラン料金の3,278円(税込)が1年間無料で使えるなんて太っ腹すぎて、サービス提供開始直後に申し込みました。

実際のところは通信エリアや通信品質をフィードバックしてもらうために、試験的に無料で使ってもらっているような感じですね。

そのため、対応エリアに関しては正直なところ「まだまだ」です。

僕が住んでいる団地は「楽天回線エリア」ではなく「au回線のパートナーエリア」のまま。2020年末~2021年春頃に対応する予定で期待しています。

なぜパートナーエリアなのに楽天モバイルを使うのかというと、冒頭でご説明した「テザリング」を活用できるからです

サブ機のスマホに楽天モバイルのSIMを入れて、メイン機のUQモバイルにテザリングで飛ばすと実質5GBも月間データ容量が増やせます。

シゲアキ

今までauのSIMのみを使っていたことを考えるとかなり節約になっています。

テザリングについて

パーソナルホットスポット
OPPOのパーソナルホットスポット

スマホメーカーのOPPOは、「テザリング」のことを「パーソナルホットスポット」と呼びます。

テザリングが分からない人のために簡潔にご説明すると、スマホのインターネット通信(4G LTE)を他の機種にWi-Fi接続させる機能です。

楽天側は4G LTEをテザリングとしての電波を飛ばす機器となり、UQ側はWi-Fiを使って楽天側の電波でインターネットに接続します。

つまり、パートナーエリア(楽天エリア外)で月間5GB使える楽天モバイルのデータ通信をUQモバイルのSIMが入ったスマホに接続して使えるのです

テザリング用のスマホはポケットWi-Fi代わりになったり、家専用で使えばルーター代わりになります。

実際どれくらい安くなった?

ネット環境通信費(税込)
au+ケーブルインターネット16,500円
UQモバイル+楽天モバイル(1年後)4,906円
UQモバイル+楽天モバイル(無料期間)1,628円

追記:楽天回線に安定して接続できるようになりました。現在はUQモバイルをメインスマホに、サブの楽天モバイルをモバイルWi-Fiのように利用しています。

以前住んでいたハイツでは、auとケーブルテレビのインターネットを使用していました。その時の通信費合計は約16,500円です。

auからUQモバイルに移行してからはスマホの月額利用料が1,628円まで下がりました。これだけでも大きく、県営住宅の団地に住んでいる身としては非常にありがたいです。

UQは月間3GBのデータ容量ですが、楽天モバイルのテザリングで使えるデータ容量が増えても一年間は無料ですので通信費は1,628円のまま。

このまま1年間使い続けて楽天モバイルの月額利用料が発生するようになっても合計4,906円となり、月間約10,000円も節約できたことになります。

年間で考えると120,000円も違いますね。大きな出費の車検代になったり貯金したり、旅行だって余裕で行けます。

これだけ通信費を節約できたのは、ある意味総務省のおかげです。皆さんもこの機会に通信費の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

\ 反響があったプランを確認!/

データ通信速度について

楽天モバイル 高速モードの通信速度

僕が住んでいる団地で「データ高速モード」を使うと「下20~30Mbps/上10前後Mbps」の通信速度が出ます。

以前、契約していたケーブルインターネットとほぼ同じくらいの速度ですので、月額料金が下がって同じなら大満足です

これくらいの通信速度が出れば、YouTubeの4K動画だってなんとか止まらずに視聴できました。動画を観ない人なら何一つ問題なく使えるでしょう。

パートナーエリアで活用する「データ低速モード」では「下900kbps/上1Mbps」くらいの速度です。低速モードにすると「最大 下1Mbps」まで下がるので少し遅め。

モード実測
データ高速モード下20~30Mbps/上10前後Mbps
データ低速モード下900bps/上1Mbps

しかし、低速モードは月間データ容量(5GB)が減らなくなるメリットがあります。
※2021年4月1日からの新プランは節約モードでも「データ利用」としてカウントされます

他社格安SIMの低速モードは300kbps以下が一般的ですが、楽天モバイルは低速モードでも最大1Mbpsで速いです。

Yahoo!ニュースやTwitter、ウェブサイトの閲覧、当ブログ(団地のアレコレ)の記事も「データ低速モード」で問題なくアップできています。

例えば、Amazon Kindle Unlimitedの雑誌1冊を低速モードでダウンロードすると時間がかかってしまいます。

特にページ数が多く全体的に画像扱いの雑誌では10分以上も待ち時間があるのですが、高速モードにすれば数分でダウンロード完了。

一般的なスマホの使い方でしたら、必要に応じて低速モードと高速モードを切り替える使い方で充分です

データ容量を温存できる

UQモバイルのデータ残量
UQモバイルのデータ残量

UQモバイルの「くりこしプランS」は月間3GBのデータ容量です。

UQモバイルは余った分を翌月に繰り越せるため、楽天モバイルのテザリングばかりで使っていると翌月はたくさんの高速通信ができます。

画像の例では、前月にUQモバイルで2.25GB余りました。つまり、翌月は「3GB+2.25GB」となり「合計5.25GB」も高速通信ができることに。

楽天モバイル分の「月間データ容量5GB」と合わせると、この月はUQ分の1,628円だけで「10.25GB」も使えてすごくお得です

1年間無料キャンペーンの楽天モバイルは、格安SIMの補助的な役割で上手く活用すると節約になったり便利に使えたりします。

契約から1年後の通常料金になった時に、エリアの広がり方や使い勝手が良くなっているのであれば継続して使うと良いですね。

「楽天回線エリアではないから自分は関係ない…」とお考えの方にとっても、楽天モバイルは非常におすすめです。

パートナー回線で通信ができる地域なら是非、検討してみてくださいね。

楽天モバイルを新規登録(サブ機)にする理由

楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルは対応エリアを広げている途中です。地域によっては通信が不安定になることも考えられ、メイン機として使う場合は困ることがあるかもしれません。

現状はMNP(番号移行)ではなく新規登録でサブ機としての活用がおすすめです

楽天モバイルはほとんどの期間でスマホ機種購入キャンペーンを開催しており、新たにスマホを買う際に負担が少なくて(無しで)済みます。

端末によってはスマホ本体代よりもポイント還元の方が多く、さらにオンライン申し込み等のキャンペーンでポイントがもらえます。

新しいスマホが手に入り、ポイントが貰え、1年間プラン料金無料、契約期間の縛りなし。契約するだけで得です。

むちゃくちゃな話ですね。何か裏があるとお考えかもしれませんが、半年以上使用していて特にデメリットはありません

電話番号が1つ増えたのでSNSの新アカウントが取得できたり節約になったりして、むしろメリットだらけです。

>>販売端末一覧

シゲアキ

一言で表すと「利用しないと損」。先着300万人に達する前の今のうちですよ。

まとめ

楽天モバイル 1年無料
出典:楽天モバイル 税込3,278円

楽天モバイルのテレビCMが流れていて、なんとなくは知っているけどスルーしている人が多いのではないでしょうか。

テザリングを上手く活用すると格安SIMのデータ容量が実質的に増えたり、お住いの地域によっては光回線代わりで節約にもなります。

UQモバイルなどと組み合わせると良いですね。動画時代と言われるようになりましたが、文字派の僕としては今のままで充分。

動画サイトや高画質の画像サイトを見ない限りは問題ないでしょう。2021年4月7日で1年間無料キャンペーンは受付終了です。時間に余裕を持って申し込んでくださいね。

シゲアキ

お申し込みの流れやSIMの設定方法は公式サイトに詳しく書いてあります。最新のキャンペーン情報も要チェックです。

\ 新プランで節約しよう!/

スポンサーリンク

楽天モバイルとUQモバイル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる