ブログリニューアル中

サカイ引越しセンターでエアコン移設!あとからキャンセルする方法

エアコン

サカイ引越センターにエアコンの移設を頼むとどれくらいの費用がかかるのだろう?

引越し時の流れや何をするのかを知りたい!

このような疑問をお持ちの方に向けて、サカイ引越センターにエアコンの取り外し・取り付けをしてもらった時の詳細をまとめています。

この記事でわかること
  • 引越し依頼時のエアコン移設費用
  • 当日に必要となった実際の費用
  • 作業内容の詳細
  • 作業者の応対・態度
  • キャンセルをする方法(返金方法)

2台移設してもらう予定でしたが1台はキャンセルしました。上記についてご説明していきます。

>>サカイ引越センター公式サイト 見積もり申込みはこちら

タップできる目次

サカイ引越センターのエアコン移設

サカイ引越センターで引越しと同時にエアコンの取り外し・取り付けを依頼した場合の流れは次の通りです。

取り外し・取り付けの流れ
  1. 当日(前日)に電気工事部がエアコン・室外機の取り外し
  2. エアコン内部洗浄についての案内
  3. 引越し作業員がトラックで新居へ運搬
  4. 追加作業についての案内
  5. 取り付け開始
  6. 作業完了
エアコンの梱包
エアコンの梱包

エアコン作業はグループ会社(電気工事部)の「株式会社エレコン」、運んでもらうのはサカイ引越しセンターの作業員がします。

シゲアキ

引越し作業員さんがダンボールでカバーを作って梱包しました。

少し前後するかもしれませんが、エアコン移設の流れは「説明⇒作業」の繰り返しです。来ていただいたお兄さんは愛想が良く、勝手に作業をされてしまう心配はありませんでした。

作業日時などの詳しい打ち合わせはエレコン(作業員)から直接電話がかかってくるため、突然知らない携帯電話からの着信があっても無視しないようにご注意を。

エアコン移設費用

作業料金工事料金(税込)
基本移設料金11,000円~
コンセント延長5,500円
コンセント交換3,300円
電圧切替(100V⇔200V)3,300円
配管 1m3,300~3,850円
配管化粧カバー工事室内:8,800円
室内:9,350円
室外機金具設置工事公団吊・屋根置:14,300円
壁面:16,500円
二段置き:19,800円
冷媒ガス補充・チャージ工事11,000~22,000円
出張費要確認

サカイ引越センターでエアコン取り外し・取り付けの料金は上記の通りです。
※最新の情報は株式会社エレコンでご確認お願いします

ただし、株式会社エレコンの公式サイトには、基本移設料金の欄に「引越しに付随する場合は、この限りではございません」と記載されています

シゲアキ

「10,000円~」の実際の費用は「見てから(見積もりをしてから)」判明します。

あくまでも予想ですが、引越し時期やエアコンの容量、台数、自動洗浄あり・なし・エリアなどで変動するのだと思います。

オプション作業についても、「必要か?不要か?」はエアコンや新居の状況を見てもらわないと分かりません。

たくさんの追加作業が必要となった場合は高額になることも。オプション分の費用は当日に作業員へ支払うため、事前に現金を用意しておきましょう。

また、「エアコンSパック移設」「エアコンクリーニング」といった有料プランもあります。

エアコンSパック移設

配管無制限、R22ガス補充・R22ガスチャージ、コンセント交換・延長、電圧切替、タテサン、真空引、ユニオン、ドレンホース、プラブロック、ブレーカー交換、室外機工賃が通常の移設工事に含まれた定額パック

料金:20,000円~

エアコンクリーニング

取り外した室内機(エアコン本体)を預け、完全に分解をして洗浄する

  • ノーマル:1台¥16,500~(税込)
  • 自動洗浄付:1台¥19,250~(税込)

所要日数は約7日~2週間

エアコンSパック移設は必要になりがちな「配管交換」や「コンセント交換・延長」「電圧切替」のオプションが最初から含まれていて、追加作業が多いと得です。

ただし、「R22」のガスは古いエアコンで使われている冷媒。最近のエアコンでガス補充をする場合は追加費用が必要です。

参考:ダイキン R22冷媒(HCFC)生産終了のお知らせ

エアコンクリーニングは内部のカビが気になっていたので作業をして欲しかったのですが、夏場の引越しでエアコンが無いと暮らしていける自信がなくて断りました。

シゲアキ

完全に分解をするとのことで、冷暖房を必要としない時期の引越しなら頼んでみるのも良いですね。

実際にかかった費用

エアコン移設でかかった費用

エアコン移設に必要になった実際の費用は…

作業内容(1台分)工事費用(税込)
エアコン取外7,700円
エアコン取付8,800円
配管 2m6,600円
100V⇒200V電圧切替3,300円

1台あたり24,000円です。
※電圧切替はブレーカーの組換 2台目はキャンセルしました

追加作業は「配管(蛇腹ホース)の取替」と「電圧切替」をしてもらっています。

エアコンの蛇腹ホース
蛇腹ホース

外で剥き出しになっている配管(蛇腹ホース)は紫外線や雨風にさらされていて、時間の経過とともにボロボロになります。

シゲアキ

交換しないまま放置していると中のガス管や配線まで傷む恐れも。

エアコン移設のついでに交換を提案されるはずです。長年設置しているならお願いをしておきましょう。

ちなみに、ベランダに室外機を設置できる団地だから2mの長さで済んでいます。室外機までの距離が遠くて、仮に4m必要とすると配管代だけで12,000円です。

200ボルトのコンセント
200Vコンセントとエアコン配管

ブレーカーの電圧切替と同時に室内コンセントを100V⇒200Vに交換しているのですが、「コンセント交換」は取り外し・取り付けに含まれているのか請求されませんでした。

団地住まいということで屋内外の「配管化粧カバー」は無しです。というか勧められもしませんでした。そんなもんですね、安定の粘度丸出しで見た目なんて気にしてられません!

その他に追加料金はありませんでした。ネットで調べていると悪質な業者は必要がないのに「エアコンガスの補充」を勧められることが多いそうです。

その点では、よく分からない格安の業者よりもサカイ引越しセンターのグループ会社に取り付けてもらう方が安心だと感じました。まだ新しくて調子良く冷えていれば大丈夫なはずです。

古いエアコンにガス補充をして何万円も取られるなら、新品を買う方が長い目で見て安上がりになる可能性も

最近のエアコンは節電かつ空調能力が高く、結果として電気代が安くなります。使用年数にもよりますが、あまりにも古いエアコンは処分(下取り・引取り)をして、入居に合わせて新品エアコンの購入も検討しましょう。

あとから意外と費用がかかるエアコンの移設

配管交換や電圧切替はよくある追加作業です。しかし我が家の場合は他にも高額な作業が必要となったため、2台目のエアコン移設は断念しました。

シゲアキ

確実にうちの団地特有のお話です。参考までにご説明していきます。

エアコンの穴はあるけどコンセントがなくて高額

エアコンの取り付け穴

エアコンを取り付けてもらおうと考えていた和室。

配管を通す穴(スリーブ)はありますが、エアコン専用のコンセントがどこにも見当たりません。

シゲアキ

前の住人はどうしていたのかすごく疑問。

エアコン専用のコンセントから電源を取らないと、稼働させた時に消費電力が大きくて配線が燃えたり他の家電を使うと即ブレーカーが落ちてしまいます。

だから専用のコンセントが必要なのです。

ブレーカーから和室までの距離は推定10メートル。分電盤から室内まで「エアコン専用回路」を引っ張ってこないといけません。

その場で見積りをしてもらうと、穴あけ厳禁な団地では配線通しに手間がかかるらしく配線をするだけで約2万円。取り外し・取り付けも含めると約5万円に…。

それでは、もう一つある洋室に取り付けてもらおうとお願いをしたところ…。

穴もコンセントも無し!特殊設置で高額

エアコンの穴がない部屋

コンセントも穴もない。そもそもベランダから遠くて室外機を置く場所がない。
※事前内覧不可の団地です

ショック過ぎてどのような工事をするのか聞いていた内容がうろ覚えですが、「小窓ガラス枠交換、転落防止柵に室外機を引っ掛ける(?)・配管をベランダまで伸ばす」などの特殊作業で5万円くらいだそうです。

共有部分の1階に室外機を設置することも天吊りにすることもできず、「5万円あれば窓用エアコンが買えるね」という話でこちらも断念しました。

シゲアキ

窓用エアコンは以下のようなタイプです。

現在は押し入れの奥にエアコン本体が眠っていて室外機はベランダに置いたままです。暑くて寒いですが、冬は着込んで耐えています。

昭和時代に建設された古い団地はエアコンを置くスペースが確保されていない場合が多いと思います。

あとから上手く設置できないと判明した時はエアコン移設をキャンセルしましょう。

サカイでエアコン移設をキャンセルする方法

サカイ引越しセンターにエアコンの移設をお願いしていても、あとからキャンセルしたり返金が可能です。

決済前にキャンセルする場合

引越し代をお支払いする前は、担当営業マンまたは営業所に電話でキャンセルの旨を伝えると、その分の作業項目を削除してくれます。

その後、最終的なお支払い金額を確認して振込やカード決済をします。

見積り後にドラム式洗濯機が入らないと判明して運搬作業(別途有料)をキャンセルした時は、特にイヤな感じではなく普通に対応してもらえました。

決済後にキャンセルする場合

ご返金のご案内

付随作業を含めて引越し代を既にお支払いしている場合は、「お振込先確認書」を郵送してもらい振込での返金となります。

エアコンのキャンセル・返金は基本的に電気工事部のエレコンに連絡。そしてサカイから書類が届く流れです。

シゲアキ

取り外し済みですので今回の場合は取り付け料金のみ返金です。

返金してもらう流れ
  1. エレコンに連絡
  2. エレコンがサカイに報告
  3. サカイが依頼者に書類を郵送
  4. 必要事項を記入して返信
  5. 振込にて返金

切手が貼られた返信用封筒が入っていて、すぐに送り返すことができました。記入内容は一般的な銀行口座についての情報だけで難しくはありません。

サカイ引越センターから返金された明細

返金されるまでの期間は約1週間です。

返金額は振込手数料(550円)が引かれているため全額は戻ってきません。わずかな金額ですが、勿体ないので見積もりの時点ですべての予定が決まれば良いですね。

まとめ

エアコン移設で配管などの追加費用が発生するのは、どの業者でもごく当たり前のことです。

サカイ引越センターでの工事は近隣の家電量販店と比べても相場だった(若干安い)ので、引越しと同時作業でお願いしました。

特に変な請求をされることもなく、作業の人は親切で案内やアドバイスを適宜してくれて良かったと思います。

一緒に作業してもらう方がやり取りの手間が少なくて便利。移設をするのか、買い替えるのかは使用年数や冷暖房の効きの調子で要検討です。

\ すぐに申し込めます!/

スポンサーリンク

エアコン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる